川崎に映画を観に(作曲家・仁科亜弓のblog.)

こんばんは。今日はひさびさに急ぎの作業がなかったので、川崎へ映画を観に行きました。川崎にした理由を書きますね。

 

今日は、映画を見終わったら、映画館から自宅まで走ろうと思ってました。映画が終わる時刻から、娘が学校から帰ってくるまでに、自宅に帰れるように計算して、映画館を決めました。いろいろタイミングが整ったので川崎にしました。最近10キロ以上走ってなかったので、今日は長めに走りたいと思っていて、川崎からは14キロ。ちょうどいい感じでした。

 

行きは電車で川崎へ。映画を観る前にも走って行けばいいじゃない、と、思うかもしれませんが、映画館に走って行くことはしません。気持ちを落ち着かせることが難しいからです。からだも暖まって汗を気にして観るのももったいないです。同じ理由で自転車で観に行くのも避けたいと思っています。映画を観ることはちょっとした儀式のように、少し気持ちを整えて観たいと思ってます。映画館で観る映画はやっぱり特別です。

 

なんだか儀式とか真面目に言ってるようで、でも申し訳ないことに、服装は今走って来ましたみたいなランニングの格好で、真剣に映画を観に来てるようには見えないかもです。映画の種類によっては許されることもあるかもですが、一緒にあの空間で過ごしている方々の雰囲気を壊していたらすみませんって思います。前述で儀式とか言ってるくせに、ランニングな服ってどうなのって自分でも気付いていて、映画館では目立たないように過ごしています。でも、最近、ランニングのウェアもいろいろあって、まぁまぁ普段着に見えたらいいなぁ。

 

いろいろ理由を用意しないと走らないのか。

遠くの映画館に行かないと走らないのか。

ほんとそうね、走るの好きじゃないのかなって感じなんですけど、今がまだつらいだけです、きっと。もっと習慣的に走れば、理由なくともラクに走れるんじゃないかと、自分に言い聞かせて、明日も走ろう、と思っています。こうやってブログに書いていくことで、実行できたりするね。

 

走る話ばかりになってしまいました。

今夜は新しくリミックスのお仕事の話が進んだので、作らせてもらえることが、すごく楽しみです。あと、大好きなフランチポップの音楽も作ることになりそう。忙しくなっちゃうかな、まだブログが続けられますように。

今日はネコが誘いに来ないなー。ネコを探して一緒に寝ます。おやすみなさい。

ayumi

About ayumi

静岡県静岡市生まれ。海と山に囲まれた町で育ちました。実家は釣船屋さん。 幼少時代、電子オルガンとリズムボックスを操る日々を過ごし、以後、シーケンサー、シンセサイザー、サンプリングマシンなど、デジタルなものが私の周りを埋めてゆきました。ロリポップからエレクトロニカサイケ、コラージュミュージックまで、天真爛漫な打込を駆使。音楽が仕事になってからトイ楽器の魅力にはまり、トイミュージックの制作も始めました。近年は温度感のある打ち込みをテーマに、サマーソニック出演を果たしたBtype Qualiaでは実験的なアナログとデジタルの融合を試みとしています。大学在学時より広告音楽制作に携わり、資生堂・SONY・牛乳普及教会・マクドナルド・グリコ・コカコーラなど、多数のCM音楽を作曲。映画・実験映像・インスタレーション・キャンペーンソング・モーターボートショーなどのイベント音楽、様々な楽曲提供・音楽演出も手がけています。声優・豊崎愛生さんのシングルc/wに3曲参加。 大学にて高等学校教諭普通免許状(地理歴史)取得。教育関係にも関心をもっており、公立学校での特別授業・ワークショップ・講演で「好きなことを仕事にすること」「音楽のしごと」の話をしています。音楽を通してたくさんの人に会えることを楽しみにしています。いつもありがとうございます。http://ayumi-miracle.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA